病気の一歩手前の状態の未病。未病治療、予防医学~天壇(テンダン)鍼灸院~【未病の治療】

代替画像
未病の治療
 
未病
 

  「未病」という言葉は、今から約2千年前の中国最古の医学書「黄帝内経」に初めて記載され、古来中国養生思想(摂生・保養)中での「未病を治す」、つまり病気になる前の治療こそが重要だと書かれています。

 

 後世に残した有名な言葉は「本当の名医とは病気を治すのではなく、未病を治す」。この考え方は現代医療でも取り入れられ、未病は「予防医学の原点」となっています。

「未病」とは病気に向かっている状態です

未病と健康と病気

  未病は病気と言うほどではないけれど、健康でもない状態のこと。東洋医学中の病理概念の一つです、現代の亜健康の状態とも言えます。

  健康診断や、検査などで異常がなくても、自覚症状がある場合は、未病の状態である可能性があります。
  例えば、胃腸の不調、手足の冷えや体の疲れ、目の疲れなど。それは病気のサインかも知れません。
  しかし、未病には、自覚症状がない場合もあります、本院では未病を捉える(防ぐために)経絡測定を定期的に行っていますので気軽に起こしてください。

 
こんな不調を感じていませんか?
  • 手足が冷える
  • 疲れがたまる
  • 疲れていて寝起きが悪い
  • 胃腸が弱り気味
  • 顔色が悪い
  • 風邪引きやすい
  • 体が冷えてよく眠れない
  • 食欲がない
  • 頭痛、肩こり
 

「生活習慣病の改善」と「治癒力の向上」が大切

まずは日常の「生活習慣の改善」
 
働き盛りの男性…仕事のストレスによる疲れ30代から50代の女性…加齢、ストレス、不規則な生活による不調
 
体の中からじっくりと自然療法による「治癒力の向上」
 
鍼灸

 未病の改善には、自律神経のバランスを整え、新陳代謝・リンパの流れを良く、血液・経絡の巡りを改善し、この体本来の力を高めることが大切なのです。
 鍼灸・漢方・アロマセラピーなど自然療法で体本来の治癒力を向上させます。

 
健康を維持するためには、「未病」の兆候をみつけたら早めにそれを改善することが大切です。
 
このページトップへ