広島県広島市東区で鍼灸院をお探しなら~天壇(テンダン)鍼灸院~【患者さんの声】

代替画像
院長の紹介
 
院長蒲文
 

●1967年中国重慶生まれ。
  幼少の頃、西洋医学の医者である父の家系と生物学者の母の家庭で生まれ育った
影響で医学に強い関心を持つ。

●1990年中国長春中医学院鍼灸学部を卒業後医師国家試験に合格。
  その後新疆国立総合病院鍼灸科において鍼灸医師として7年間臨床治療に従事し
経験を積む。
  同時期に国立新疆中医学大学病院等において、鍼灸界で著名な鍼灸学会理事長
金洪元先生、申旭徳教授らに師事し様々な治療技術を学び習得。

●1997年来日、その後広島市YMCA専門学校の日本語学科に入学。

●2003年広島市のIGL医療専門学校の鍼灸学科を卒業、同年国家試験に合格し日本の
鍼灸師免許を取得。
  その後、日本の鍼灸医療現場で鍼灸師として従事し日本鍼灸医療の実態を知る。
その経験を踏まえた。

●2006年中国に一時帰国。以前師事した恩師らと学術交流を行った後、新疆、遼宁、
北京、上海、西安、重慶など各地の中医学大学病院、総合病院、民間医療機関等を訪ね最先端の中医学技術及び中国医療現場の“今”を把握。

●2007年に再来日し5月に本鍼灸院を開業、現在に至る。

  今後も中国在住の先生方や日本の先生方との交流を続け、最新の医療情報と実態を
絶えず収集し治療に反映させていく。また 一女性として生涯ファミリー先生として
頑張って生きたいと思います。

このページトップへ