鍼灸について | 広島市にある鍼灸・美容鍼・はり・きゅう・かっさ・小児鍼の女性鍼灸師の鍼灸院 天壇鍼灸院・天壇立町分院

代替画像
鍼灸の起源と歴史 鍼灸の基礎知識 鍼灸の適応症 簡単な『ツボ体操』
 

五指養生  【 健康十巧 (けんこうじゅっこう) 】

健康十巧は、手のツボを刺激する中国古来の指健康体操です。

 
中国に伝わる五指養生、健康十巧は、手のツボ刺激による健康法です。目の疲れや頭痛、肩こり、精神安定、血行循環などの効果があります。五指体操を全部行っても、所要時間はわずか3分程度。
  手軽なわりに大きな効果を期待できます。
 
第1巧
第1巧

軽く両手を握り,親指の付け根部分にある合谷(虎口)のツボを水平に36回打ち合わせます。

万能のツボである「合谷」を刺激すると、肩凝り、消化不良、疲れ眼、鼻炎、頭痛、口内炎、風邪による咳やくしゃみなどの症状に効果的です。

第2巧
第2巧

手のひらを上向きにし、小指の付け根部分にある後渓のツボを36回うちあわせ
ます。

頭と首の緊張をほぐして、頭痛やコリに効果的です。耳鳴りやボケ防止に、さらにはヘルニアや骨や筋の故障にも効果を発揮します。

第3巧
第3巧

手のひら側の手首の中央にある大陵のツボを36回打ち合わせます。

四十肩、五十肩などの肩凝り、神経系のトラブルによく効きます。

第4巧
第4巧

親指と人差し指のまたを交差し、高い骨側にある列欠のツボを36回打ち合わせ、左右を組み換えてもう36回打ち合わせ
ます。

末梢部の血行を促しますので、手足のしびれや冷えに威力を発揮します。自立神経に効きます。

第5巧
第5巧

五本指を組み、指のまたを36回打ち合わせ、指間にある八邪のツボを刺激
します。

先ほどと同様に、末梢部の血行を促しますので、手足のしびれや冷えに威力を発揮します。

第6巧
第6巧

左手の拳で右手のてのひら中央を36回うちつけ、手のひらの労宮のツボを刺激します。

疲労回復と精神安定にとても効果的で、このツボを刺激することで、寝覚めもよくなります。

第7巧
第7巧

同じことを左右の手を換えて36回を打ち付けます。

疲労回復と精神安定にとても効果的で、このツボを刺激することで、寝覚めもよくなります。

第8巧
第8巧

両手の甲側の手首の中央にある陽池のツボを36回打ち合わせます。

内臓の機能を高め糖尿病にも効果的
です。

第9巧

両手で耳をつかみ、曲げた人差し指で耳全体を円を描くように36回なでて引っ張ります。

耳のツボを刺激することで、首から上の血行が促され頭の疲れがとれて、顔や頭の老化防止に効果的です。

第10巧
第10巧

両手のひらを36回こすり合わせます。こすって温めた手のひらを目にあて、眼球を右回りと左回り交互に6回まわします。

目の疲れをとり、近視や老眼などの視力回復にも効果があります。

 
このページトップへ
 
web予約

メニュー

 

天壇グループ

天壇鍼灸院 天壇スクール 天壇サロン"
 

天壇鍼灸院

天壇鍼灸院 写真

広島県広島市東区
牛田東二丁目8-1

女学院大学前バス停前
※駐車場有(3台)

 

天壇立町分院

天壇鍼灸院 写真

広島県広島市中区
立町2-6
T&Sビル3階

広電電車本線
立町電停下車

 

休診日

 
休診日と診療時間
オンラインショップ(漢方アロマオイル)